動物虐待

動物虐待について考えよう

動物虐待について皆さんはどう思いますか? ひどいことをしていると思われることが多いと思いますが、私達が楽しんでいるアトラクションの裏でも動物虐待が行われていることをあなたは知っていますか?

イルカショーは子供から大人まで好きなショーだと思いますし、象に乗るツアーや、虎と一緒に写真を撮るアトラクション、野生動物のツアーなどは、色々な人が楽しいんでいると思いますが、その裏では、動物たちは虐待を受けているのです。

では、動物ごとにどのような虐待を受けているのかを紹介していきたいと思います。
●象に乗るツアー
まずは、象に背中に人を乗せるようにしつけをしなくてはいけません。 そのためには、子供の時から、母象から引き離され調教をされています。 どのような調教かというと、小さい檻に閉じ込められるかロープや鎖で縛られることが多く、指示を出された時だけ動いてもいいように訓練をさせていきます。 支配関係を早く覚えさせるために、先の尖った金属の調教棒や木の板を使い、ひどい苦痛を与えられていることが多いのです。 このような酷い調教を受けることで、象は嫌でも調教師に従うしかなくなり、人を背中に乗せることや観光客に直接体を触られることを受け入れるようになるのです。 そうしなければまた苦痛を与えられるからです。 このように虐待をされることで、象の心は打ち砕かれ、大きなトラウマが一生残ってしまうのです。またこのトラウマにより心的外傷後ストレスで苦しむこともあるのです。 また象は、鎖に繋がれたり、小さい檻に閉じ込められたりしているので、野生の生活で出来ているであろう自由に動き回ったりすることすら許されていないのです。

●イルカショー
イルカショーは特に人気があるショーであり、子供から大人までが大好きです。 ですが、芸をするイルカは、裏では残酷な虐待を受けていることを知らない人が多いと思います。 アメリカでは、野生のイルカを捕獲しプールに連れて行くことを禁じている国です。 どうしてかというと、イルカに苦痛を与えるからだと言われています。 船に引きずりあげられるや網でとらえられる前に、イルカは高速のボートに追いかけ回されることが多くあるようです。 そして多くのイルカは、追いかけられるストレスによって、目的地に着く前に死んでしまうケースが多くあったようです。 イルカのプールにいるイルカというのは、野生でも繁殖でも一生苦しみから逃れることが出来ないのです。 プールにいるイルカたちは、スイミングプールよりも少し大きいスペースで過ごしています。そのため自然の状態とは程遠く、行動を完全に制限されているのです。 またプールには、塩素が使われていることが多く、皮膚や目に痛みや炎症を起こしてしまうことが多いのです。 またプルは深くないので、日焼けに苦しんでしまうことも多くあるようです。 そしてイルカには、反響定位という高い能力があり、自然の海を形取る岩や珊瑚とは違った、平坦なタンクによって妨げられているため、ストレスが溜まってしまうのです。 そのストレスから、心臓発作や胃潰瘍などに苦しむイルカもいるのです。

●トラとの記念撮影
トラとの記念撮影をする所がありますが、トラはとても危険な動物です。 このように使われるトラたちは、小さいうちから母親から引き離されます。 これらのトラたちは、記念撮影に何時間ぶっ通しで使われ、観光客からは触られたり、ハグされたりしているのです。 多くのトラたち普段は、鎖で繋がれ、コンクリートの小さな檻に入れられています。 このようなことをしている国の中心は、タイですが、その他にも、オーストラリアやメキシコ、アルゼンチンなどでも同じようなことが行われているのです。

●ヘビとのじゃれ合いや、コブラとのキス
ヘビのじゃれ合うことは、ストリートパフォーマンスとして長い間存在していますが、またタイでは、コブラとのキスも出来るようです。 ですが、コブラには毒があるため、人が噛まれてしまうと死に至る場合もあります。 なのにも関わらず、芸をすることに使われているのです。 使われているコブラはや性から捕まえたもので、牙は金属のペンチで抜かれ、そして毒管は、塞がれるか、除去されることが多いため、痛みを伴い、炎症を起こして死に至ることも多くあるようです。

●ワニの飼育
ワニの多くは、飼育場に収容されていて、集中的に繁殖されられているのです。 ワニの飼育目的は、主にファッション業界にワニ革を供給することと、ワニ肉です。 また近年では、環境客がワニを見にきてから、現地のレストランでワニを食べているようです。 ですが、飼育場の状況はひどいものが多くて、ワニを殺すことや、コンクリートの囲いに入れることが多く、そのほとんどがギュウギュウに詰め込まれ、不衛生な状況になっているのです。 限られたスペースで過ごしているので、食べ物や水をめぐり、争いがおき、死に至るまで戦うこともあるのです。 そしてワニが仲間のワニの足を食いちぎることもあるようです。

このように色々な虐待や暴力が行われているのです。 私達が楽しんでいるツアーやショーの裏では、このようなことが行われていることを少しでも多くの人に知ってもらうために今回は紹介しました。