動物愛護センター 役割 活用法

動物愛護センターの役割と活用法について

皆さんは、動物愛護センターというと、どのようなことをしている所だと思いますか?

多くの人は、捨てられた犬や猫を動物愛護センターに連れて帰り、殺処分しているとイメージしている人が多いのではないでしょか。

ですが、実際は他にも色々なことをしているのです。 なので普段どのようなことをしているのかを見ていきたいと思います。

動物愛護センターでは、確かに犬や猫の殺処分を行うこともありますが、しかしそれ以上に、引き取られた犬や猫の譲渡会や動物愛護に関する活動をたくさん行っているのです。

動物愛護センターは、動物の保護や動物愛護を中心にした活動を行っている施設で、主に動物保護事業、動物愛護の普及事業、動物取扱対策事業の3つの事業を行っているのです。

また動物愛護センターは、各都道府県に設けられている公的施設です。

では3つの事業の1つ1つの内容を見ていきたいと思います。
●動物保護事業
動物愛護センターの役割として大きいのが、この動物保護事業なのです。 動物保護事業は、家庭で飼えなくなってしまった動物や捨てられてしまった動物を引き取りを行っています。 またそれらの問題が怒らないようにするために、啓発活動を行っているのです。

●動物愛護の普及事業
動物愛護の普及事業では、人と動物とのふれあいを目的としていて、さまざまなイベントを行っていたり、動物相談などを行っているのです。 このような活動をすることで、動物の正しい取り扱い方などを普及させることが第1の目的なのです。

●動物取扱対策事業
動物取扱対策事業では、特定動物の飼養者を対象に指導をしたり、その動物たちの管理をしている施設の管理状況などの監視・指導を行っているのです。 そして虐待が行われていないか、環境の衛生面に異常がないか、飼育は適正に行われているのかなどを確認することを目的としている事業なのです。

この3つが主な事業になっています。 犬や猫の引き取りをしている動物愛護センターですが、今の現在でも多くの犬や猫が家庭で飼えなくなって動物愛護センターに引き取られているのです。 引き取られる犬や猫には、成犬成猫もいますが、子犬や子猫も多くいるのです。 運が良く里親が見つかれば、その選ばれた子たちは幸せに暮らすことが出来ますが、引き取り手が見つからない場合は、殺処分を免れることが出来ないのが現状なのです。

殺処分が無くなるように、色々な都道府県で、犬の殺処分ゼロを目指して取り組みをしていますし、今も取り組みが続いていますし、犬の殺処分ゼロを達成した都道府県もあるようです。

今も続いている取り組みなので、全ての都道府県で犬猫の殺処分ゼロが出来るように目指しています。

里親探しをしていると、子犬や子猫であれば里親が見つかりやすいため、希望する人に対して、譲渡会が行われています。 譲渡される際には、不妊手術や終生飼育などの条件を合意した人にだけ譲渡されるようになっているのです。 そして地域のボランティア団体と連携をして、里親探しも行われています。

また動物愛護センターにプロのドッグトレーナーを呼び、しつけ教室などのイベントも行っています。 しっかりしつけが出来なかったりなど、悩みを持つ人たちを対象にして行われるイベントです。 そして、動物についての知識を深めるため、また動物愛護センターに引き取られる犬や猫を少しでも減らせるように行われているのです。

またその他にも、子供達を対象にして小動物とのふれあい教室も行われているのです。 小動物のふれあい教室では、子犬の他にも、ウサギなどの小動物に直接触れることが出来、飼育体験もすることが出来るのです。

小動物のふれあい教室は、子供達が動物に関心を持ち、動物たちを大切に扱ってくれることも目的として行っています。

既に動物を飼っている人、これから動物を飼う可能性がある人たちに、最後までしっかり飼育することが出来るのかなども重要にしている点なのです。

また動物を扱っている業者には、研修会を行って、動物取扱者への監視や指導を徹底します。 またペットショップなどで、動物虐待や動物破棄が事件として取り上げられることが多くなってきているので、これらを指導するのも動物愛護センターの役目になっています。

誰であっても動物虐待、動物破棄をしてはいけませんし、これらをすると罰則があります。

また動物愛護センターでは、常に里親を探している犬や猫がいますので、気になる方は、お近くの動物愛護センターに問い合わせてみてはいかがでしょうか。 もしかしたら、自分が気に入る子がいるかもしれません。

また子供に動物についての知識を教えてあげることと、動物は大切に扱わないといけないということを教えるために、イベントなどに参加してみると子供にもいい経験になるかもしれません。

また現在動物を飼っているけど、しっかりしつけが出来ていなくて困っている人も多くいると思いますので、イベントに参加してどのようにするとしっかりしつけをすることが出来るのかを知ることが出来ると思いますので、ドンドン参加してみてはいかがでしょうか。