動物愛護

動物愛護の法律について

動物の愛護と管理に関する法律について知っているという人もいればよくわからないという人もいると思います。

また知ろうとして読むものの、法律なので難しく書いてあって理解できないという人もいると思います。 ですが、知っておいた方が絶対にいいことだと思いますので、多くの人がわかるように書いていきたいと思います。

まずは、ペットについてです。 昔に比べると現在ペットとして飼われている動物の種類は、とても多いです。 今までは、犬や猫、鳥、ハムスターなどでしたが、今では、ウサギ、イグアナなどの爬虫類や昆虫までもペットとして飼われるようになりました。

ですが、昆虫というのは、ペット(愛護動物)として扱われないようです。 爬虫類は、平成12年に改訂時に含まれるようになったのです。

愛護動物にどんな動物が含まれているのかよくわからないという人がいると思うので、どのような動物が含まれているのかを見ていきましょう。

愛護動物に含まれている動物は、犬・猫・牛・馬・豚・めん羊・ヤギ・家ウサギ・鶏などですが、他にも、いえばと及びあひる並びにこれ以外で人が占有している動物で哺乳類や鳥類、爬虫類などが愛護動物に含まれているのです。

また「いったい動物愛護って何?」と思っている人もいると思いますので、解説していきたいと思います。

動物愛護についての考え方は人により違いがあるようですし、日本と欧米では、動物に対する考え方に違いがあるので、一般論で片づけることが出来ない部分だと思います。

ですが、動物愛護法の基本原則として、全ての人が動物は命ある物であうことを認識して、むやみに動物に対して虐待などをすることがないようにするだけではなく、人間と動物が共に過ごしていける社会作りを目指して。動物の習性をよく知り適正に取り扱うように定められているのです。

誰でもわかるように簡単に言えば「動物に対して、必要のない苦しみを与える事なく、動物のことを理解して、共に快適に過ごせるように飼い主、ペット業者としての責任を果たすこと」だと言えます。

ちなみに、飼い主としての義務と責任とは・・・
飼い主は自分の飼っているペットが生きていくために必要な世話をするという義務があります。 毎日しっかり食事を与えることはもちろん、衛生面もしっかり考え病気にならないようにすること、適度に運動をさせペットの健康を維持することも飼い主の義務であり責任なのです。


すごく簡単なことではありますが、これさえも出来ないという人がいるのも事実なのです。

そして小動物というのは、室内で飼うというのが基本になっているため、このようなことがしっかり行われているのか、行われていないのかを外から見ることが出来ません。

飼い主が義務と責任を果たしていないとペット達は、苦しい生活を送っていると言えるのです。 また飼いう主の義務の1つとして、ペットが人間に危害を与えないように飼うことが義務づけられています。

動物愛護法について、多くの人は動物だけのための法律だと思っている人が言いますが、動物のためだけではなく、動物を守ると同時に、人間をペットから守る法律でもあるのです。

そのため、しっかり訓練を受けている犬であっても、散歩をする時は必ずリードをつけることと、狂犬病は人に感染する感染病でもあるためしっかり予防をすることなども、飼い主の義務になっているのです。

飼い主がペットの世話をするのはもちろんのことではありますが、このように飼い主としてのマナーもしっかり守る必要があるのです。

そのため、飼い主としての義務や責任を果たしていない場合や、飼育放棄、ペットを捨てることも許されていませんし、もしもペットを捨てた場合は、罰則が与えられます。

どのような罰則を与えられるのかというと、ペットを捨てた場合は30万円以下の罰金が科せられるのです。

犬や猫の場合は、行政で引き取り業務を行っていて、どうしても飼い続けることが出来ず、新しい飼い主を見つけることが出来なかった場合は、行政機関に相談することが出来るようになっていますので、捨てるのではなく相談をしてみてください。

犬や猫以外の小動物は、行政の引き取り義務がありませんので、場合によっては引き取ってくれることがあるかもしれませんが、新しい飼い主を見つける努力が必要になります。

新しい飼い主を探したものの、どうしても見つからなかったという場合は、動物病院に連れて行き、安楽死させる検討をしなくてはいけなくなります。 小動物は捨てられると苦しむだけで生き続けることが出来ませんので、捨てるということを絶対にしてはいけません。

また安楽死という方法がありますが、苦しまない訳がありませんから、最後までしっかり育てることが出来ないのであれば、初めから飼わない方が動物の為だと思います。 最後まで育てられる人だけに飼ってほしいなと思います。

また先ほどペットを捨てると30万円以下の罰金が科せられるといいましたが、それ以外にも飼い主の義務を果たしていない場合や虐待をした場合にも罰則があります。

食事を与えないで衰弱させた場合など、飼い主の義務を怠った場合も、30万円以下の罰金になっていますし、虐待の度合いにもよりますが、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになっています。

法律的には、ペットは飼い主の所有物なので、何をしてもいいと考えている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

ペットは生き物なので、自分の所有物であっても生命を尊重して、しっかり管理をしなくてはいけないのです。

ペットを飼うと自分で決めた以上、しっかり義務と責任を果たすようにしてください。 また果たす自信がないのであれば、ペットを初めから飼うのは辞めてください。