ポケモンGO 動物愛護団体 PETA 抗議

ポケモンGOについて動物愛護団体であるPETAが抗議をしている?

サーカスの裏では動物たちが虐待を受けているって本当?

現在日本でもすごく話題になっていて、多くの人がポケモンGOをやっていて、夢中になっていると思いますが、それに対して動物愛護団体であるPETAがポケモン・ゲームは動物虐待だと抗議をしているようです。

あらゆるビジネスや団体が今ポケモンGOにのっかていますが、動物愛護団体のPETAは、ロサンゼルス・オフィスは「ポケモンが安全に存在できるゾーンです。」と宣言して、動物愛護を訴えているようです。

またロサンゼルス・オフィスの前にはボードが出されていて、ボードには・・・
家族と引き裂かれ、モンスターボールの中に閉じ込められているポケモンたち。
彼らには自由を得る権利がある!
#ポケモン解放だぜ


このようなことが書かれているのです。


また公式ブログでも、「ポケモンをゲットすることは。自然から動物を連れ出し、動物たちを虐待し搾取するサーカスや動物園と言った場所に入れてしまうこととあまり大差ありません」と書いているようです。

さらにポケモンたちをとらえる悪い人間たちを倒してポケモンを解放するゲームである「ポケモン青あざ・黒あざ」というオンラインゲームまで公開をしているのです。

Twitter上では、普段はPETAの支援者であると思われるユーザーからは、「あなたたちの活動は応援しているけど、これはさすがに時間の無駄じゃないかな?本物の動物たちが救われる必要はあるけど、架空の動物はそこまで大事じゃない」とコメントされた人がいるようですが、それに対してPETAは、「私たちは架空の動物を救おうとしている訳ではありません。このゲームは深刻な動物虐待問題に気づきを与える楽しい手段になっています。」と説明をしたようです。

このゲームでは、ポケモンたちを操る残酷なトレーナーたちを倒していくのが目的のゲームになっていますが、それを除けば本家のポケモンとほとんど同じようです。

またPETAは、今回ポケモンGOについて抗議をしていますが、以前であればスーパーマリオに出てくる「タヌキスーツ」に対しても抗議をしたことがあったのです。

タヌキスーツを着ているマリオは、毛皮を肯定するメッセージを発信していると主張し批判したのです。


マリオのゲーム内では、ただのタヌキスーツかもしれないが、現実の世界であれば、タヌキの毛皮を取るために、生きたまま皮を剥がされているため、マリオがタヌキスーツを着ることで、毛皮を着てもいいというメッセージを発信しているのだと訴えています。

そのため、マリオのタヌキスーツに対して、PETAは、皮を剥がれたタヌキらしき生き物が、血が滴るタヌキスーツを着たマリオを追いかける内容のゲームを公開しているのです。

その他にも、タヌキの皮が剥がされる様子を映した動画を公開し、毛皮反対運動への支持も呼びかけているようです。

このようにPETAは、ゲームを用いて、現実に起こっている動物虐待などの問題を多くの人にわかってもらうために、抗議をしているのかもしれません。

PETAの考えは、ゲームであっても毛皮を着ているということは、毛皮を肯定していると考え、それは良くないと思い、それを批判するゲームを作ったのだと思います。

現実では、動物たちは生きているまま毛皮を剥がされるわけですから、こういったことも多くの人にわかってほしいのだと思います。

毛皮を剥がされる動物が多いのも事実ですし、飼い主から虐待や暴力を受けたり、捨てられてしまう動物が多いのも事実です。 このようなことが無ければ、このようなゲームが出来なかったと思いますので、多くの人が動物虐待について考えるようになればと思います。

ポケモンは架空の生き物ではありますが、現実に例えてしまえば残酷なことをしているんだということを知ってもらいたいのだと思うので、それを理解する努力をするのも大切なのかもしれません。

少し話が変わりますが、それ以外にも、ポケモンGOに夢中になりすぎて、色々な事故が起きていますよね? ゲームをすること自体は何も悪いことではないと思いますが、夢中になりすぎて、危ない所に入ってしまったり、前を見ず歩いてぶつかってしまったり、信号をみなかったりする人がとても多いです。連日ニュースでも色々なことを取り上げています。 このようなことを増えれば、ドンドン事故も増えていきますので、ゲームをするのは勝手なことですが、人に迷惑をかける行為は絶対にしてはいけないことだと思うので、ゲームをするのであれば、そういったマナーもしっかりしなくてはいけないと思います。

話を戻しますが、動物愛護はこのようなゲームを逆手に取り、多くの人に動物愛護について考えてもらいたいという気持ちがあり、こういったゲームを作っていると思います。

サーカスで使われている動物たちは、虐待や暴力を裏で受けながら調教を受けて、無理やり芸をやらされていますから、そういった面も多くの人にわかってほしいのだと思います。

架空の生き物であるポケモンを助けるためではなく、現実に起っている虐待に対して考えてもらいたいと思っているということを理解するといいのではないでしょうか。