動物愛護週間

動物愛護週間について

皆さんは動物愛護週間という言葉を聞いたことがありますか? 聞いたことがあるよという人もいれば、聞いたことがないという人もいると思います。

まず動物愛護週間とは・・・
動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められている記念週間なのです。


1915年にアメリカの動物愛護協会が制定したのが始まりで、5月の第1日曜日から7日間にわたり、各地の動物愛護団体がさまざまな企画を開催しているのです。

アメリカ動物愛護協会では、動物愛護週間の目玉企画で、ユニバーサルスタジオの協賛として、最も動物愛護に熱心だった子供には、動物愛護キッズ賞を贈っているようです。

日本では、毎年9月の20日~26日までが動物愛護週間になっているのです。

動物愛護週間では、多くの人に愛護と適正な飼養について理解・関心を深めてもらうために、国や地方自治体、関係団体などが協力し、動物の愛護と管理に関する普及啓発のために全国各地で色々な行事が開催されているようです。

私が住んでいる新潟県では、毎年8カ所で動物愛護フェスティバルが開催されています。 新潟では、愛護と適正な飼養について、動物とふれあい楽しみながら学ぶイベントをしています。

去年長岡市では、家庭で買われている犬のしつけ方教室、盲導犬や災害救助犬の活動の紹介や実演をなどが行われていました。

しつけが上手くいかないという人が多くいる中で、このようなイベントを行っていれば、どうしたらしつけが出来るのかを知ることが出来ますし、普段あまり見ることがない、盲導犬や災害救助犬が普段どのようなことをしているのかなども知ることが出来ると思います。

その他にも、お手入れの仕方や、ふれあいコーナー、しつけ相談や、ドックトレーナーの飼い方などを開催されていたのです。

またお手入れの仕方もしっかり教えてもらうことが出来れば、大切なペットにこれから正しいお手入れをすることもできるので、役立つと思います。

またペット用品やペットフードの販売コーナーなども設置されているのです。 ペット用品やペットフードなどもそこで見ることが出来ますから、良いなと思った物をその場で飼うことも出来ますし、色々な物を見ることが出来ると思います。

そして、ゲームなどなどもあったようです。 子供はゲームが好きですし、ゲームをしながら動物のことを知れるので、子供を学びやすいと思います。

またふれあいコーナーもあるので、普段触れ合うことが出来ない犬や猫に触れ合うことで動物のことを知ることもできると思うので、すごくいい経験になると思います。

このように、色々なことを楽しみながら学ぶことが出来るのでなど、楽しみながら動物の色々なことが知れるので、大人だけではなく、子供も楽しみながら色々なことを知ることが出来るのいい機会だと思いますし、すごく良いことだと思います。

また動物愛護センターのブースがあり、そこでは新しい飼い主を募集している猫や犬たちが出張してきているのです。 飼い主を募集してはいますが、その場所で譲渡することが出来ないので、予約という形になっています。 きっと今でも多くの新しい飼い主を募集している猫や犬がいると思います。

ペットを飼うとなった時に、やはり多くの人は、ペットショップに行き動物を飼っていると思いますが、動物愛護センターにはたくさんの猫や犬がいるので、1度動物愛護センターに足を運んで、その中から自分が気に入った猫や犬を探してみてほしいと思います。

そうすることで、命を奪われる猫や犬が減ると思うので、1つの命を救うためにも、ペットショップに行く前に、動物愛護センターに行ってみてください。

そして動物を飼うということは、1つの命を預かるということあので、しっかり責任をもって最後まで育ててください。 簡単な気持ちで飼うのは絶対にやめてください。

動物も生きているのです。またペットを飼いたいなと思った時には、必ず真剣に考えてください。 しっかり最後まで愛を持って育てることが出来るのかということと、しっかり面倒を見てあげることが出来るのかを考えて、全て出来ると思うのであれば、飼うようにしてみてください。

きっとまだ動物愛護週間に無関心であったり、このような動物愛護ふれあいフェスティバルに行ったことがないという人が多いと思います。

動物愛護週間は毎年行われているので、気になる人で、時間が合う人は、行ってみるといいのではないでしょうか。 またもう既にペットを飼っているという人でも、新たに学べることがあると思いますので、行ってみるといいと思います。

そして子供で、ペットが飼いたいと思う子供が多いと思いますが、そういった子にも、飼う前にフェスティバルに連れて行き、学ばせてから買うというのも良い経験になると思いますし、動物について色々知ることが出来ますから、飼うことに対してしっかり考えることが出来るかもしれませんので、連れて行ってみてはいかがでしょうか。